コメントで貴重な情報を頂きました。本当にありがとうございます。

 

以下、コメントより抜粋

 

強襲専用部隊ですが、強襲着弾時に合流に乗っている部隊と対戦するようです。
例えば
A国起点 5:00 槍          B国
     3:00 弓  VS    強襲 2:30 弓   
     1:30 馬
の場合強襲結果は
    槍、馬 2合流 VS  強襲 弓
となります。

A国の3合流は、合流の詳細画面で分かるように、正確には5:00槍の起点に1分30後に馬が乗って
3分後に弓が乗るため、強襲着弾時には3:00の弓はまだ乗れていないためです。
A国側の敵襲ランプは槍の人はすぐつきますが、馬の人は1分30後に合流に乗れた時点でつきます。

強襲結果で弓が相手を壊滅させることができなかった場合、2合流はそのまま強襲により兵が
少し減った状態+弓の3合流が着弾することになります。

また、強襲で槍部隊を飛ばしたとすると、馬+弓の2合流が着弾することになります。

強襲で2合流を壊滅させた場合は、馬部隊がソロ凸の形で着弾します。

 

合流参加者の着弾時間と強襲専用部隊の着弾時間違いによって強襲専用部隊が攻撃する部隊数が変動するわけですね。

(上の例では馬の方が先に合流に乗るように書いていますが、弓の方が先に合流に乗るような気もします。)

色々と試してみたようなので、これが一番可能性がありそうですね。

当面はこれを前提に検証してみます。

 

●合流相手でも、強襲専用部隊が起点部隊のみを攻撃する可能性。

 

これは前回の記事 強襲専用部隊考察 の中の報告書のパターンですね。

起点が槍、合流参加者が馬な感じの合流だったので、

速度の遅い起点の槍部隊のみに強襲専用部隊の攻撃があたったのではないのかと思います。

公式に

2016y06m24d_203632946

と書いているので、

速度の速い強襲専用部隊であれば起点部隊のみを攻撃できる可能性がありそうですね。

(起点の着弾時間と近い合流参加者がいるとダメそうですが。)

 

強襲専用部隊は

①ノックか合流かを判断する為の剣豪もしくは攻振り部隊(さほど強くなくても可)

②起点部隊のみを削る為の高速・高火力剣豪部隊

③起点部隊を壊滅させて合流数を減らす為の高速・攻火力部隊

こんな感じですね。

速度が遅い部隊は、フル合流を相手にすることになるので削ることもできずに惨敗する可能性も。

中途半端な武将に兵を積んで強襲するのは危険な感じがします。

 

また、12章では合流する側も合流参加者の着弾時間を意識する必要もでてきそうです。

北条氏政のような

2016y06m24d_204950265

低速度・高火力の部隊を起点にすると良いかもしれませんね。