模倣・モノマネ

模倣・モノマネスキルを付ける武将の条件

模倣・モノマネスキルを付ける武将の条件とは

・初期スキルが攻防スキルの武将

・兵数が多い武将

・模倣対象にならない武将

・初期スキルに兵科制限がない武将

ざっとこんなところでしょうか。

上記条件を満たす武将

1979 足利義輝(覇) 3.5c 初期兵数3650 初期スキル全攻防60/88 部隊消費コスト1低下

1974 細川ガラシャ 4.5c 初期兵数4550 初期スキル全攻防45/70 部隊消費コスト2低下

1957 豊臣秀吉(覇) 4.0c 初期兵数3750 初期スキル全攻防35/68(極限突破時)

1114 松永久秀 2.5c 初期兵数3450 初期スキル44/70

1106 足利義輝(覇) 3.5c 初期兵数3500 初期スキル全攻防50/70 部隊消費コスト1低下

1101 朝倉孝景 4.0c 初期兵数3970 初期スキル全攻防33/45 部隊消費コスト2低下

1067 尼子晴久 3.0c 初期兵数3650 初期スキル全攻防33/44

1051 豊臣秀吉(覇) 4.0c 初期兵数3650 初期スキル全攻防25/45

全攻防は条件から外しても良いか?

初期スキルが全攻防の天をピックアップしてみましたが、スキルの性能はそれほど高くないですね。

(部隊消費コスト低下は別のメリットがありますが)

そもそも模倣・モノマネスキルに期待するのは高い効果ですよね。

武ノ美だったり狂天大楽だったり、四海兄弟・八幡攻陣だったり。

こういう高火力スキルに比べると、全攻防スキルの性能が必ずしも必要でない気がします。

狂天大楽に模倣スキル複数搭載する場合、初期スキルの効果なんて誤差でしょう。

初期スキルが全攻防スキルだと攻防で使えるから便利と思ってしまいますが、

攻防でそこそこ性能であることよりも、割り切って攻防どちらかを重視すべきだと思います。

どんなスキルを模倣するのかを優先して考える

人によって模倣スキルに期待するシーンはそれぞれだと思います。

例えば

・銅銭合流の津田マネ

・盟主加勢時の狂天大楽マネ

・武ノ美マネ

・盟主戦時の天虎相剋マネ

・自合流時の八幡攻陣マネ などなど

すべてのシーンに最大限効果を発揮できるような武将は限られます。

自分が一番重視するシーンに合わせて模倣・モノマネスキルを付けた方が良いかもしれませんね。

模倣素材を抱えたまま、良い武将が引けるのを待つのはもったいないですよ。

素材準備完了して半年。まだ付けられないでいます・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)