スキル追加の手順

スキル期待値とは

何年もやってる人達は合成の仕方もスキル選びも良く分かってると思いますが、適当に選んでいる人の為にスキル選びのコツを書いてみようと思います。

みなさんスキル付けようって時、どうやって選んでますか?

・素材になりそうな武将が手に入ったらwikiで調べて良さそうだったら付ける。

・スキルの性能を確認し、付ける為の素材を探す。

後者であれば私から言うことは、あまりありません。

前者であれば、もったいない付け方をしているかもしれませんね。

スキルの性能を比較するには

スキルには発動確率と効果が設定されています。多くの場合はこの数値を参考にしてスキルを選んでいるかと思います。しかしこの数値だけだとスキルの正確な性能は分かりません。

実際の戦闘でのスキル発動確率は

(スキル自身の発動確率)+(兵法値補正)+(部隊ランク補正)で決まります。

(兵法値補正)+(部隊ランク補正)は武将育成途中であれば影響が小さいですが、完成に近づくにつれ影響が大きくなります。

兵法成長2.5が4人いて全員限界突破していると、約36%くらいになります。

この数値をスキル自身の確率に足した数値が実際のスキル発動確率になるわけですね。

【返り忠LV10  確率25% 砲防50%】

このスキルの場合であれば、確率61% 砲防50%となるわけです。

・確率25% 砲防50%

・確率61% 砲防50%

こう並べてみるとずいぶん印象が変わりませんか?

(兵法値補正)+(部隊ランク補正)この数値を加味しないとスキルの本当の性能は分からないですね。

スキル効果期待値

今度はスキル2個を比較してみます。

【返り忠LV10  確率25% 砲防50%】【波瀾ノ夕立lv10 確率36% 槍砲器防43%】

並べ替えると

・確率25% 砲防50%

・確率36% 槍砲器防43%

どちらが性能が高いと思いますか?数値だけをみた印象では分かりにくいですよね。

(兵法値補正)+(部隊ランク補正)=36%を加算してみます。

・確率61% 砲防50%

・確率72% 槍砲器防43%

やはり分かりにくいですね。

このような場合はスキル効果期待値を計算すると比較しやすいです。

平均するとどのくらいの効果を発揮するのかを比較するわけですね。

スキル効果期待値は確率(%)×効果(%)÷100となります。

上記の例だと

・61×50÷100=30.5

・72×43÷100=30.96

どちらのスキルも平均すると発揮できる効果は約30%とあまり差がないことがわかります。

この二つのスキルを比較する場合はどちらが付いても差がないということになりますね。

このスキル効果期待値は運用する部隊によって変動します。

同じスキルが付いていても部隊が違えばスキル効果期待値は違うので注意してください。

攻撃スキルと防御スキル

スキル効果期待値は(兵法値補正)+(部隊ランク補正)の数値に大きく影響されます。

人によりますが攻撃部隊と防衛部隊では結構数値が変わってくるので注意が必要です。

兵法成長2.5が4名で全員極限突破だと(兵法値補正)+(部隊ランク補正)は約40%

天4名の攻撃部隊でよくあるタイプです。

兵法成長2.5が1名で全員★5だと(兵法値補正)+(部隊ランク補正)は約26%

防衛部隊でよくあるタイプですね。

上記を比較すると補正値に14%の差があります。

スキルの確率と効果だけを見てなんとなくスキルの付け替えをすると、実は大差なかったり逆効果だったなんてこともあります。

まとめ

スキル追加はスキル効果期待値で比較して考えましょう。

計算するのが面倒なかたはコチラで スキル効果期待値計算機

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)